話の流れは『現在』から聞く ~取材講座を行いました~

はじめに

4月26日午後、元十勝毎日新聞の記者で、現在は更別村の村おこし協力隊の一人である 高津裕也さんを外部講師に招き、取材講座を行いました。

取材をするにあたり大切なこと

高津さんが我々に聞いたのは、『取材をするにあたり大切なこと』でした。

『相手のことを事前に知る』

『話しやすい雰囲気』

等ありましたが、一番大切なのは、『相手に興味や関心を示す』ということでした。

当日は、『共通点』を話題にする

取材当日は、事前情報から共通点を話題にすることが大切で、共通点を話題にして相手の緊張を解かないと、いい取材にはならないともおしえていただきました。

普段の生活でも、初対面の方と話すとなると、緊張して身構えることがあると思います。

その時に緊張をほぐすということで、相手との距離が近くなり、いい会話というものにつながると思いました。

話の流れは『現在』『過去』『未来』

取材を行う上で大切なのは、『質問は、現在、過去、未来』の順番で聞くことだということも教えていただけました。

はじめに『過去』から聞くと、『重たい話』になりやすくなるため、会話が深まりにくくなるそうです。

なので、取材を行うときには、『現在』『過去』『未来』の順番で質問を行うそうです。

以上を踏まえて実践

教えていただいたことを踏まえて、2~3人組で『好きなもの(こと)』で、インタビューのロールプレイを行いました。

最後に

実際に取材をしても、およそ8割は記事に使われないそうです。しかし、いい記事を作るには、その2割を得るために必要なものであるとも教えていただけました。

今回は、『取材講座』ということで、取材に必要なこと、そして会話の流れを学びました。

次回は、『取材をして内容をいかに文字に書き起こすか』ということですので、次も楽しみです。

ここから未来の取り組み

就労移行支援事業所ここから未来では、アクティビティやサークル活動を通じて、あなたの「やりたいこと」を叶えるお手伝いをします。あなたのやりたいことが★きっと見つかる★
↓画像をクリックすると、好きなページにジャンプできます↓

ここから未来のサークル活動

サークル活動

ここから未来のサービス

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: サービス-1024x709.jpg

お問い合わせ

ここから未来は、常識にとらわれることなく、一人一人の個性に向き合うよき理解者でありたいと思っています。
障害をお持ちの方で支援を受けて就職につなげたい方、自分の強みを生かしたい方にお勧めしております。
もっとくわしく情報が欲しい人はこちらからお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。