映画「いのちの停車場」について

 私は映画「いのちの停車場」を観てきました。この映画は患者さん自身が病によって死に直面したとき残された時間を自分が好きなように生きる様子が描かれています。改めて命の尊さを思い知りました。

また、最後に訪問診療の医師の父親が猛烈な痛みに苦しみ、娘である医師に安楽死をのぞみます。

しかし、安楽死はの日本では犯罪にあたり逮捕されます。それでなければ病院で管につながれて死を待つことしかありません。もし、あなたが猛烈な痛みに苦しむ父親の立場だったら若しくはむすめである医師の立場だったらどうでしょうか?

みにくいアヒルの子

もし、私だったら父の望むようにするかもしれませんね。

お問い合わせ

ここから未来は、常識にとらわれることなく、一人一人の個性に向き合うよき理解者でありたいと思っています。
障害をお持ちの方で支援を受けて就職につなげたい方、自分の強みを生かしたい方にお勧めしております。
もっとくわしく情報が欲しい人はこちらからお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。