ホッチーノさんに取材と食レポしてきました。

食レポ2名で記事にしました。

 今回は取材練習の一環としてホッチーノさんにお伺いし実際にカフェラテを試飲させて頂いた。

 まず目に入るのはその見事なラテアートだろう。

 カップを口元に近づけると鼻腔をくすぐる芳醇なコーヒー豆の香りが漂う。口をつけ1番最初にくるのはマイルドでありながらしっかりとしたコーヒー特有のコクだ。それが舌先にじんわりと広がると後からすっきりとした爽やかな酸味が口全体へ広がりミルクの仄かな甘みも相まって心地良い余韻がひと時を満たしてくれる。

コーヒーの苦手な人でも飲みやすくブレンドされたマイルドな苦味

 今回私が最も印象に残ったのはとても飲みやすいコクだった。飲みやすいからといってコクが薄いわけではなくしっかりとコーヒの良さを感じ取ることができた。一口飲むとまた一口と口付けたくなるまさにクセになる味だ。また時間を置くにつれ酸味がより一層深い味わいをもたらしてくれ、ミルクとの絶妙な調和をも楽しむことができた。

ここからみらいちゃん

次回はぜひともブラックでその香りと味を堪能したい。

こちらはエッグベネディクトを食レポ

帯広の電信通りにあるホッチーノカフェの一番人気である、エッグベネディクトを食べてきた。

ベネディクトはヨーロッパの男性の名前で、「幸福をよぶ」、と、いう意味らしい。

マフィンの上に、ベーコンとトロトロの半熟卵でつつまれており、全体がチーズでコーティングされていた。

上のチーズにナイフを入れてみるとトロトロの黄身が泉のごとく流れ出してきた。

食べてみると、さっぱりしており一気に黄身が広がり口の中がキラキラ輝いているように感じた。

脇役である、サラダにはホッチーノ手作りのドレッシングがかけられており、シャキシャキしていてドレッシングも野菜のみずみずしさを引き出していた。

主役である、エッグベネディクトと最高のコンビネーションだと思った。

そして、手作りのスープもまた、さっぱりしていて飲みやすく、メインを引き立てていた。

私の口の中ではミュージカルを繰り広げられていた。

また、これらの原材料は、ほとんど十勝産で中でも、卵は音更産である。

こころもお腹も満たされる一品だった。

お問い合わせ

ここから未来は、常識にとらわれることなく、一人一人の個性に向き合うよき理解者でありたいと思っています。
障害をお持ちの方で支援を受けて就職につなげたい方、自分の強みを生かしたい方にお勧めしております。
もっとくわしく情報が欲しい人はこちらからお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。