目指せ!「未来塾」

2021年8月のここから未来新聞より抜粋

早くも一周年♪

早いもので、就労移行支援事業ここから未来は10月で開設1周年を迎えるところです。

現状で弊社のシーズは何?と問われたら、「地域の協力者とのつながり」「新たなコンテンツを創る環境」「個別支援が得意」「少人数モデルパッケージ推奨」とお伝えしております。

初年度の活動って?

初年度は「利用者さんごとに日課活動を設計」という方針のもと、利用者さんのニーズをもとに、Aさんはホームページ作成やプレゼンコンテンツ作り、Bさんはブログ記事作成やデザイン作成しました。

そのほかのにも…

また、Cさんは清掃や厨房アシスタント、Dさんは資格試験の準備や空地・敷地の除草、Eさんは缶バッジのデザインや組み立てなど。

さらにFさんは装飾品制作やデザイン紙裁断、Gさんは観光拠点の案内担当やパソコン学習という具合に、個々に基本プログラム設計しました。

さまざまなイベントも!

これに定期的なプレゼン会、講師を招いたワークショップ、グループワークが展開されました。

自分でカスタマイズ♪

また、資格取得のための学びの取り入れ、必要に応じリフレッシュ・体力づくりメニューを加えることや自主サークル活動の提案がされることもありました。

実際のお仕事に触れることも!

最近では協力企業からの各種業務委託から工賃の支給可能なプログラムの提供、職場体験実習も出来るようになりました。

シーズとニーズを大切に…

皆さんが利用してくれることで、就労移行支援事業所としての機能が出来てきたと感じています。今後も現状のシーズを磨き、顧客のニーズを満たすための工夫を行いたいと思います。目指せ!「未来塾」

シーズ・ニーズとは?

シーズ:企業がもつ技術、ノウハウ、アイデア、人材、設備

ニーズ:利用者の目標達成に必要な現状に対する需要 

 

所長 片平 修

お問い合わせ

ここから未来は、常識にとらわれることなく、一人一人の個性に向き合うよき理解者でありたいと思っています。
障害をお持ちの方で支援を受けて就職につなげたい方、自分の強みを生かしたい方にお勧めしております。
もっとくわしく情報が欲しい人はこちらからお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

前の記事

あじさい