開設1年を迎えて

2021年10月のここから未来新聞より抜粋

あっという間の1年

スタッフの片平咲世です。昨年10月1日に「ここから未来」が開所し早1年が経ちました。足早に過ぎた1年の葛藤を、拙い文章ですが少し振り返りさせてください。

コロナ禍で…

昨年4月に私は10年勤めていた飲食業から離職致しました。理由はコロナ禍です。そして創業者であり、父でもある片平修と共に「ここから未来」を立ち上げる準備をしました。

初めてがいっぱい!

当然会社の創設などしたことがなく、PCも今までまともに扱ったことがない私です。あっという間に夏が過ぎ、去る10月1日「ここから未来」がオープン。

利用者さんと関わり…

開所し、利用者さんが一人二人と増えていきました。就労移行支援を利用する人たちは、やはり心にみんなそれぞれトラウマを抱えて頑張ってきた人たちです。

人の気持ちに寄り添うためには

私はどうしたら力になれるのか、私自身が目標としている“人の気持ちに寄り添えるスタッフ”にはどうしたらなれるのかを考える日々でした。

自分の強みへの気づき

そんな時に利用者さんから「話を聞いてもらえて落ち着いた」と感謝して頂くことがありました。その時自分の強みの「傾聴」「共感力」に気づくことができました。

一人一人と寄り添って

これからも自分の強みを活かし、ここから未来の利用者さん一人一人に寄り添っていきたいです。

スタッフ 片平 咲世

お問い合わせ

ここから未来は、常識にとらわれることなく、一人一人の個性に向き合うよき理解者でありたいと思っています。
障害をお持ちの方で支援を受けて就職につなげたい方、自分の強みを生かしたい方にお勧めしております。
もっとくわしく情報が欲しい人はこちらからお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。