今日は『長野の日・オリンピックメモリアルデー』

長野の日・オリンピックメモリアルデーとは?

公益社団法人・日本青年会議所北陸信越地区長野ブロック協議会が1998年(平成10年)に制定しました。

1998年(平成10年)2月7日、長野冬季オリンピックの開会式が行われたことを記念して制定されました。

長野オリンピックの理念が「自然との共生」であったことから、オリンピック後に「オリンピックメモリアルデー」として長野の自然と環境を考える日となった。記念日は「オリンピックメモリアルデー」の名称で、一般社団法人・日本記念日協会により認定・登録されました。

長野オリンピックは、72の国・地域から選手・役員4638人が参加し、延べ144万2700人の観客が会場に集まった。日本からは166人の選手が参加し、冬季オリンピック史上最多となる合計10個(金5・銀1・銅4)のメダルを獲得しました。
また、この時の盛り上がりは大きく、ここで生まれた言葉が今年の流行語になりました。

お問い合わせ

ここから未来は、常識にとらわれることなく、一人一人の個性に向き合うよき理解者でありたいと思っています。
障害をお持ちの方で支援を受けて就職につなげたい方、自分の強みを生かしたい方にお勧めしております。
もっとくわしく情報が欲しい人はこちらからお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。