今日は天気図記念日

今日は、天気図記念日

1883年(明治16年)2月16日、日本で初めて天気図が作られました。

当初は、ドイツの気象学者エルウェン・クニッピング(1844~1922年)が天気図を描き、英語で書かれた天気概況を翻訳したものでした。

3月1日以降は印刷して1日1回発行されることとなり、8月23日以降は新橋と横浜の停車場に掲示された。当初の天気図は電報で送られた全国11箇所の測候所のデータを元に描かれた7色刷であった。

ちなみに、この記念日は気象庁が定めたものではありません。

お問い合わせ

ここから未来は、常識にとらわれることなく、一人一人の個性に向き合うよき理解者でありたいと思っています。
障害をお持ちの方で支援を受けて就職につなげたい方、自分の強みを生かしたい方にお勧めしております。
もっとくわしく情報が欲しい人はこちらからお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。