今日は『いのちの日』

今日はいのちの日

3月11日は『いのちの日』です。「災害時医療を考える会」(Team Esteem)が制定。

2011年(平成23年)3月11日に発生した東日本大震災では多くの命が失われた。命の尊さを思い、命の大切さを考え、震災で学んだことを風化させることなく災害に備えることが目的となっています。

東日本大震災について

東日本大震災(ひがしにほんだいしんさい、Great East Japan earthquake)は、2011年(平成23年)3月11日14時46分頃に発生した日本国内観測史上最大規模の地震と津波、火災などによる災害です。

地震の規模はマグニチュード(M)9.0で、最大震度は宮城県栗原市で震度7が観測され、東京や横浜、千葉などで震度5強が観測された。
(この震災には地震による災害およびこれに伴う福島第一原子力発電所事故による災害を含みます)

この震災により東北地方を中心に12都道府県で約18,000人の死者・行方不明者が発生した。これは明治以降の日本の地震被害としては関東大震災、明治三陸地震に次ぐ3番目の規模の被害となりました。

11年前のこの日、日本に未曽有の災害が起こりました。数年前には胆振東部地震により、北海道では大規模なブラックアウトが発生しました。こういう日だからこそ、今一度、災害に対して考えてみることが大切だと思います。
災害は『いつ起こるかわかりません』そのため『いつ起こってもいいように準備をする』ことが大切だと思います。

お問い合わせ

ここから未来は、常識にとらわれることなく、一人一人の個性に向き合うよき理解者でありたいと思っています。
障害をお持ちの方で支援を受けて就職につなげたい方、自分の強みを生かしたい方にお勧めしております。
もっとくわしく情報が欲しい人はこちらからお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。