今日は『旅の日』

旅の日

5月16日今日は『旅の日』です。

日付は、1689年(元禄2年)5月16日(旧暦3月27日)、

俳人・松尾芭蕉が江戸を立ち、『おくのほそ道』(奥の細道)の旅へ旅立ったことに由来します。

また記念日は、せわしない現代生活の中で忘れがちな「旅の心」を大切にし、

そして「旅人」とは何かという思索をあらためて問いかけることが目的があります。

奥の細道(おくのほそ道)は、俳人・松尾芭蕉が、弟子の曽良と共に、

隅田川から日光街道を北へ進み、下野・陸奥・出羽・越後・加賀・越前など、全行程約600里(約2400km)に及ぶ徒歩の旅です。

芭蕉は体が弱かったため困難も多かったが、2年後の1691年(元禄4年)に江戸に帰りました。

お問い合わせ

ここから未来は、常識にとらわれることなく、一人一人の個性に向き合うよき理解者でありたいと思っています。
障害をお持ちの方で支援を受けて就職につなげたい方、自分の強みを生かしたい方にお勧めしております。
もっとくわしく情報が欲しい人はこちらからお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。