ついにアサヒ湯へ(湯遊旅)

 アサヒ湯は常連が多くアウェー感が強く近寄りがたい。

ある日、駐車場には車が2台。今だ!

久々に入り口をくぐった、まずは発券機で入浴券購入。

わざと「始めてきました」と言った、石鹸類はもっていますか?とのチェック。

体を洗ってから入浴下さいの張り紙があちらこちらに、黙浴してくださいの張り紙も。

いざ入浴、客は一人ほっとする。体を洗い湯舟へ・・・・

シルクのヴェールに包まれたような肌触り、優しい。温度もぬるめだ。

全身ツルツル、気合を入れてトリートメントした(笑)

入浴を終えて休憩室へ、無論ビンの牛乳類の自販機あり。

迷わずフルーツを選択、あ~ぁ美味い。最高の入浴でした。

P.S.風呂上がりに知り合いの所を訪れた「風呂入ってきたべ?」

 ドライヤーで髪を乾かして行ったのだが、肌ツルツルでバレバレ(苦笑)

お問い合わせ

ここから未来は、常識にとらわれることなく、一人一人の個性に向き合うよき理解者でありたいと思っています。
障害をお持ちの方で支援を受けて就職につなげたい方、自分の強みを生かしたい方にお勧めしております。
もっとくわしく情報が欲しい人はこちらからお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。