音楽療法奮闘記5

令和3年11月19日、自立支援デイサービスにおいて第6回の音楽療法セッションを行った。

男性3人、女性6人だった。

呼吸法、発声法の後、季節の歌で「野菊」を歌った。

しかし、知っている人が少なくあまり声が聞こえなかった。

そこで以前、歌った「もみじ」を歌った。

これは「みんなうた」歌われていたので、今年最後の秋を共有することができた。

懐かしい歌は、「ここに幸あり」「お富さん」を歌った。それぞれ、歌っている人、本人の写真を見せた。

民謡は地元、十勝の民謡、「十勝小唄」を三味線を弾きながら歌った。

これも利用者さん、スタッフ、喜んでいた。

セッション後、アンコールを頂き、武田節を詩吟入りでやりそのあともアンコールを頂いたので、皆でソーラン節を大合唱した。

盛り上がることが出来て良かったと思う。

また、利用者さんが笑顔になったのがうれしかった。

これからも利用者さんに寄り添えるセッションをしていく。

人生の先輩方と音楽会歌って笑いいきいき元気

お問い合わせ

ここから未来は、常識にとらわれることなく、一人一人の個性に向き合うよき理解者でありたいと思っています。
障害をお持ちの方で支援を受けて就職につなげたい方、自分の強みを生かしたい方にお勧めしております。
もっとくわしく情報が欲しい人はこちらからお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。