今日は『アサヒスーパードライの発売日』

アサヒスーパードライ発売日

1987年(昭和62年)3月17日アサヒビール株式会社が「アサヒスーパードライ」を地域限定で発売しました。

当時はキリンビールが業界シェア60%を占め独走状態で、対するアサヒビールは黒字ではありましたが、業界シェアは10%前後と低迷していました。

当時のビールは、苦みが強いものが主流となっておりました。
しかし、1982年3月、住友銀行の村井勉副頭取がアサヒビール社長に就任した時からアサヒの改革が始まります。
村井社長は市場調査の結果、消費者の求めている味が今のアサヒビールにはないとし、味の改革を指示したのです。
その結果、冬至の主流であった『苦み』ではなく、発酵度を高く設定することで『辛口』にし、キレに徹した点が特徴でした。

当時は『味を変えたコカ・コーラが低迷した』例を挙げ従業員から猛反発を受けましたが、村井社長はその決断を実行しました。

その年、アサヒスーパードライの売り上げでシェアは12.9%に急上昇しました。
その後、各社からドライビールが販売され「ドライ戦争」と称される激戦となりましたが、アサヒビールの優位は揺るがず1997年、ついに年間シェアトップとなりました。

ちなみに、お酒は二十歳になってからです。

お問い合わせ

ここから未来は、常識にとらわれることなく、一人一人の個性に向き合うよき理解者でありたいと思っています。
障害をお持ちの方で支援を受けて就職につなげたい方、自分の強みを生かしたい方にお勧めしております。
もっとくわしく情報が欲しい人はこちらからお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。