今日は『コーヒー牛乳の日』

コーヒー牛乳の日

4月20日は『コーヒー牛乳の日』です。
1923年(大正12年)4月20日に東海道線国府津駅で日本で初めて「珈琲牛乳」(コーヒー牛乳)を製造・販売したことに由来します。

当時、並弁当が1箱35銭で売られた時代に、珈琲牛乳は20銭とかなり高額だったにもかかわらず、飛ぶように売れたといわれています。

それ以降、東北から九州までの各駅で販売され、人気が広まっていき、「珈琲牛乳」が多くの人に喜ばれるきっかけとなったこの日を「はじまりの日」として記念日と定め、その美味しさをPRすることが目的とされています。

コーヒー牛乳は、牛乳などの乳製品にコーヒーおよび砂糖などで味付けした飲料の通称である。銭湯や温泉では瓶詰の牛乳、フルーツ牛乳とともに定番となっています。
しかし、2000年(平成12年)に起きた「雪印集団食中毒事件」をきっかけとして、2003年(平成15年)に法律が改正され、生乳100%のものしか商品名に「牛乳」と表記できなくなり、現在では「コーヒー牛乳」という商品はなく、正確には「コーヒー入り乳飲料」となっています。


ちなみに、実際の商品名には「カフェ・オ・レ」「カフェ・ラッテ」「ミルクコーヒー」などの名称が使用されています。

お問い合わせ

ここから未来は、常識にとらわれることなく、一人一人の個性に向き合うよき理解者でありたいと思っています。
障害をお持ちの方で支援を受けて就職につなげたい方、自分の強みを生かしたい方にお勧めしております。
もっとくわしく情報が欲しい人はこちらからお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。