つながりを大切に 

~ここから未来新聞2月号より~

まだまだ新型コロナウイルス感染症の終息も見えず、毎日良くないニュースが報道されています。

長きに渡るコロナ禍ということもあり、お家で過ごす時間も格段に増えました。

資料 疫病管理庁より

こんな相談も…

もともとアウトドアな人は出かける楽しみも減ってしまい、利用者さんから家で何をして過ごして良いかわからない、と相談をよく受けます。

ですがその反面、家族との時間や自分に使える時間が増えたと思います。

誰かのためなら…

先月、利用者さんMさんの親御さんの誕生日ということをMさんから聞き、ハーバリウムを作りました。

瓶の中で小さな世界を作る、ハーバリウム

普段感謝の気持ちは照れくさくて言えないそうですが、細かい制作をすることが苦手なMさんですが、必死にそして真剣に作る姿勢に気持ちが込められているように見えました。

誰かのためなら苦手なことにも挑戦できる。

それはきっと仕事に関して何がモチベーションアップにつながるのか、似ているように感じます。

お家時間も大事!

ここから未来は、事業所での活動はもちらん、お家時間の過ごし方を豊かにするきっかけ作りも大事な支援だと思っています。

スタッフ 片平咲世

お問い合わせ

ここから未来は、常識にとらわれることなく、一人一人の個性に向き合うよき理解者でありたいと思っています。
障害をお持ちの方で支援を受けて就職につなげたい方、自分の強みを生かしたい方にお勧めしております。
もっとくわしく情報が欲しい人はこちらからお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。