所長のTUBUYAKI

ここから未来新聞2021年3月号より抜粋

マッチングも合理的配慮です

障がいのある方が就職ラインを超えるときに、職務の適性(いわゆるマッチング)はとても重要になります。

特に得意なことと苦手なことのギャップが大きいほど個別の職務設計が明暗を分けることになります。

特性をいかして

個々の障がいの特性、能力や経験の強みに着眼し、もっぱら強みをいかせる専門性の高い業務、あるいは特色のある業務に従事。

また一部の不得意な業務を担当の見直しや支援の対象とすることで、障がいのある方が比較的得意とする分野に専念・特化できるのであれば、素晴らしい職場環境になるでしょう。

私はこれらのことも障がいのある方への合理的配慮だと思っています。

繋げるお手伝い

ここから未来で訓練中のメンバーにも、前述のような職場環境での配慮が可能であれば、将来有望な方がいらっしゃいます。

今後も出来ることをグングン応援し、困難なことは雇い入れの事業所の方との調整や支援を、お手伝いさせて頂きます。

所長 片平 修

お問い合わせ

ここから未来は、常識にとらわれることなく、一人一人の個性に向き合うよき理解者でありたいと思っています。
障害をお持ちの方で支援を受けて就職につなげたい方、自分の強みを生かしたい方にお勧めしております。
もっとくわしく情報が欲しい人はこちらからお問い合わせ下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。